livaの雑記帳

seccamp2018(テーマ紹介)

注:このページは、セキュリティ・キャンプ2018全国大会 OS開発ゼミ において私が担当するテーマ(最先端OS談義)について解説したものです。

 

全国大会紹介ページ(IPA公式サイト)

OS開発ゼミのについての説明(内田先生のブログ)

 

はじめに


私のテーマでは皆さんが「独創的なOSを作れるようになる」事を目的としています。

 

OSと聞くと、WindowsLinuxOS X(Mac)といった有名なOSを皆さんは想像するでしょう。でも世の中には皆さんが知らない、面白いOSが沢山あります。しかも、これらのOSは、ただ奇想天外なだけではなく実用性(アプリケーションの性能を向上させる/より洗練されたインターフェースを持つ)も兼ね備えています。そのようなOSを作る事ができたら、とても面白いと思いませんか?「OSを作った」それだけでも凄い事ですが、更に「このOSには、他のOSには無い価値があるんだ」と自信満々に言えるようにようになったら、凄いと思いませんか?

 

私のテーマでは、OSを作った経験があるかは問いません。OSという世界の奥深さや、可能性の広さを実感してみたい、そしてなにより「自分の手でOSの可能性を広げてみたい」という方であれば、是非応募してください。

 

このテーマが求めている人


このテーマでは、以下を満たす人に是非来てほしいと思っています。

 

  • OSに興味がある/OSをもっと深く学んでみたい人
  • 身の回りに転がっている小さな疑問に気を留められる人
  • その疑問について、自分の頭で良く考え、時には調べ、答えにたどり着こうという努力ができる人

 

特にこの補足資料(補足2:「OSってなんだろう?」という問いで考える、物事の考え方)を読んで面白かったと思えるような方を募集しています。


技術力については、OSを書いた事が無くても良いので、キャンプ応募時までにはC言語で簡単なプログラムが書けるようになっていて欲しいです。例えばポインタが分からない、みたいな状況だと後々困る事が多いと思うので、応募するまでにその域には達していて欲しいです。

但し、今C言語が書けなくても、キャンプ応募時までに書けるようになっていれば良いので、今から頑張って勉強する、というので大丈夫です。

 

どうすれば独創的なOSを作れるのか


OSに限らず、「他の人がやった事が無い事」をやるというのは夢がありますよね。とはいえ、素晴らしいアイディアが頭の中にすぐ閃く、なんて事は常人には難しいのも事実です。

 

では、どうすれば独創的な何かを作れるのでしょうか?
私は以下の3つが重要だと考えています。

 

  • 既存の物について良く学ぶ
  • 手を動かして検証する
  • 皆で喋りながら考える

これらについては、別のページで解説したので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

本テーマの進め方


事前学習では、「既存の物について良く学ぶ」と「手を動かして検証する」が中心になります。そして、キャンプ当日は、「皆で喋りながら考える」事を中心にしたいと思っています。

もちろん、喋ってばかりだと疲れてしまうので、当日は途中で座学や開発を挟む予定ではいます。どれくらい挟むかは参加者の皆さんの様子を見ながら決めるつもりです。

 

もしかしたら、「キャンプでは思いっきり開発したい!」と思う人もいるかもしれません。それについては私の考えをこちらで説明しているので、参考にしてみてください。

 

本テーマ受講希望者向け選択課題

 

こちらをご覧ください。

〆切は5/28です!応募要項

 

その他

分からない事、気になる事は @liva_jy までご相談ください。(公平性のために、頂いた質問と、その解答は公開します。ご了承ください)

 

Q&A

Q. 他の講義と迷っています。どちらを取ればよいでしょうか?

A. 講義内容をよく読んで、自分が参加したいと思う講義を選択する事をオススメします。「あの講義の方が課題簡単だから〜」みたいな邪な気持ちではなく、自分の受けたい講義を受けるのが良いと思いますよ。たった一回しか参加できないキャンプなんですから。

 

Q. 課題が難しいです。受かるでしょうか?

A. 受かるかどうかについてはなんとも言えませんが、キャンプの通る通らない云々は気にせずに、とにかく自分で調べられるだけ調べて、考えられるだけ考えてみてください。課題を解く事を通して皆さんが成長できるような課題にしたつもりです。今回チャレンジしてもし失敗しても、ここで多くの事を学べていれば、きっと次に繋がりますよ。

あと、参考になるかはわかりませんが、僕が過去に書いたブログ記事へのリンクを貼っておきます。

セキュリティ・キャンプの審査基準について個人的に思う事 - livaの雑記帳