livaの雑記帳

HiKey960上でM.2 SSDの性能をゆるーく測定した。

この記事の続き。

raphine.hatenablog.com

 

 

fioでベンチを取ってみる。

やり方は以下と同様。

raphine.hatenablog.com

 

上の記事内にあるUFS(HiKey960内蔵のFlashストレージ)の結果をこちらにも転記。

job数が4なので実際の速度はこの4倍。

 

UFS

seq read: 105133KB/s

seq write: 82215KB/s

rand read: 45770KB/s

rand write: 73260KB/s

 

Intel 600p

seq read: 92065KB/s

seq write: 157842KB/s

random read: 90901KB

random write: 171452KB/s

 

WD BLACK PCIE SSD

seq read: 103880KB/s

seq write: 148405KB/s

random read: 75669KB/s

random write: 118210KB/s

 

後者2つについて、KabyLake Core I7 Intel NUC上でも測ってみた。

Intel 600p

seq read: 119766KB/s

seq write: 317519KB/s

random read: 106444KB/s

random write: 310068KB/s

 

WD BLACK PCIE SSD

seq read:152664KB/s

seq write:256802KB/s

random read:137912KB/s

random write:203073KB/s

 

とりあえずポイントとしては、

  • UFSよりM.2 SSDはだいぶ早い
  • ただし、x86に挿した時程の性能は出ない

 

後者については、HiKey960のM.2はPCIe Gen2だから(NUCはGen3)帯域がボトルネックになっているんじゃないかなと。もしかするとCPUが弱いから、という可能性も無きにしも非ずだけど・・・